発明・芸術・創造ブログ

発明や芸術、社会文化など技術・創造に関するブログです。

自動運転はこれからどう進化するのか?

日産のスカイラインが欲しいなーと思ってましたが、

ハイブリッドモデルにはプロパイロット2.0が付いています。

YouTubeとかでも見ましたが、ますます欲しくなりました。

 

プロパイロットボタンを押して、画面が緑の時はハンズオン、青の時はハンズオフ出来るみたいです。

この機能は2019年にスカイラインがマイナーチェンジした際に搭載されました。

 

他社のを見てみると、スバルのアイサイトX、トヨタレクサスのアドバンスドドライブ、ホンダのホンダセンシングエリートなどがあります。

 

スバルのアイサイトXも料金所の減速に対応していたり、ドライバーが急病などで操作できない時にハザード点けて止まったり。元々スバルの自動ブレーキ技術は高いと言われているので安心感もあるでしょう。時速50km以下の時にしかハンズオフ出来ないので、渋滞の時に活躍しそうです。搭載車種はレヴォーグ。

 

トヨタ・レクサスのアドバンスドドライブは

プロパイロット2.0より細かくて、ハンズオフで合流できたり、車線に対して横位置制御出来たりします。また、大型車を追い越す際はより右側を走行したり、前に合流してくる車がいる場合は減速して調整してくれるらしいです。搭載車種は、MIRAIとLEXUS LS。どちらも高いですね…

 

ホンダのホンダセンシングエリートは世界で唯一自動運転レベル3です。高速道路を時速30kmで走行中、アイズオフ(視線を外せる)出来ます。ホンダレジェンドに搭載していましたが、生産終了したらしいです。

 

これから各メーカー、自動運転レベル3の車をどんどん出して欲しいですね。そしてレベル2も、より安い車へ。

 

とは言え、自動ブレーキを始めとする運転支援システムを過信しすぎて、前の車に追突したという話も聞きますし、まだまだ発展途上だなと感じます。逆光とか悪天候とか夜間みたいな悪条件では難しいですね。

 

中には自動ブレーキにブレーキを任せている信じられない人もいるらしいです。