発明・芸術・創造ブログ

発明や芸術、社会文化など技術・創造に関するブログです。

愛車故障!驚愕の修理代

最近Pixelの記事ばかり書いてますが、ガジェットブログではありません。

車を買いたい方で、外車に興味のある方もいるのではないでしょうか?

そこで気になるのは故障。

今日はそれについて書いてみようと思います。

 

愛車のシトロエンDS4が2021年の5月ごろエアコンが壊れました。

A/Cボタンを押すとカタカタ音が鳴るのです。

修理しようと思った頃にはちょうどシーズンで、どこの電装屋も取り合ってくれませんでした。

ましてやメーカーはシトロエンBMWやベンツなら直せるけど…という電装屋もありました。

 

最近はシトロエンも日本で人気が上がってきましたね。

 

イエローハットに見てもらうと、コンプレッサーのオートテンショナーから音がするかも…との事で直してもらいました。

しかし、音は小さくなったものの冷えません。

エアコンの修理も見積もってもらいましたが、コンプレッサー、エキスパンションバルブ、レシーバーなど合計36万円かかると言われました。

 

そんなこんなで、2021年の夏はエアコンなしで越えました。

そして今月とある電装屋に見積もり依頼で持ち込んだところ、

驚愕の事実が判明しました。

 

エアコンの修理代は26万程度。まぁイエローハットよりは安い。

その他にもクーラント漏れがあるということで、37万円を超える見積もり結果が出てしまいました…

 

f:id:ven-spi:20211129002902p:plain

シトロエンDS4 修理代見積書



 

エアコンはこれからの季節、エンジンが温まれば暖房できるので、まぁ良いのですが、

クーラント漏れかぁ。

どの程度なのか気になって聞いてみましたが、漏れ止めが効かない程度と。。。

想像できない!!!

 

ちょっとぐらいの漏れだったら、クーラントを補充しながらと考えましたが

エンジンをかければ圧力も上がるので、一気に漏れるということも考えられます。

 

ということで、エアコンは修理せずにクーラント漏れを直すことになりました。。。

 

もう来年の2月には車検。

来年の夏もエアコンなしで過ごそうかと思いましたが

車検に高額かかるかもしれないので、車検前に買い替えようかな。。。

 

ということで、

外車の中古車を考えている方へ

壊れます!

フランス車だからという訳ではなく、ドイツ車もアメ車も同じく壊れると思います。

壊れた時の工賃や部品代も高いですし、コロナのご時世、外国から部品を輸入するのも時間がかかります。

当たり前の話しですが。

外車は新車で買って、保証期間切れたら乗り換えるというのが一番いいのかもしれません。